忍者ブログ

ウタカタノユメ

比翼の鳥②

こんばんわ。

UPが遅くなってしまいましたが、「比翼の鳥」第二話です。
今回は、性的表現がちょこっと入っております。どうぞご自分の判断で。





 



薫は布団の上に、静かに寝かされた。柔らかな感触が薫を包んだ。



まるで高価なガラス細工を扱うように、剣心は優しく薫の体に触れる。



言葉はない。が、剣心の指先が、瞳が、言葉よりも雄弁に物語っている。



愛していると。



かけがえのない人なのだと。



薫は自然に目を閉じた。



 



 



 



口付けは、欲がこもっていた。



今までに交わしたどんな口付けよりも、熱く、甘く、とろけるような口付けだ。



口内に生暖かな舌が入ってきたとき、薫はびくっと肩を震わせた。今までに無い感触に驚きながらも、それを素直に受け入れる。



ねっとりと、何度も口内を剣心の舌で侵された。あまりの息苦しさに眉根に皺が寄る。



その表情に気がついた剣心が、申し訳なさそうに唇を離した。



「す、すまぬ…苦しかったでござるか」



薫は軽く首を横に振り、小さく笑った。



いつのまにか、口付けでさえこんなに夢中になってしまっている。剣心は己の性急さを後悔した。生娘の薫にとっては、全てが不安な夜なのだ。



だが。



一度点いた炎を、消すことは困難だ。



剣心の体の奥底に湧き上がる雄の部分は、とうに目覚めていたのだ。



再び、剣心は薫に覆いかぶさった。



 



時に強く吸い上げ、時に啄ばむような口付けをする。それは唇だけではなく、次第に首から肩口へと降りていく。緩急をつけたその口付けに、薫は自らもまた酔いしれていることに気がついていた。



だが、唇が肩口を通り越し、夜着の上から二つの膨らみに触れたとき、薫は言いようのない羞恥を覚えた。



「あ…」



思わず声がもれた。その声を剣心に聞かれたことが恥ずかしくて、薫は両手を唇に当てた。



だが、剣心はそれを無視するように、薫の夜着の袷を開き、白い肌に唇を這わせた。



なぞるような、くすぐったいような唇の感触は、決して嫌なものではなかった。剣心の唇は、最初ふくらみの周りをなぞっていたが、次第にそれは唇から舌へと変わり、やがて膨らみの頂上へたどり着いた。



形のいい乳房が、舌の刺激を受けてツンと硬く咎っている。舌だけではなく、いつのまにか掌で揉みしだかれ、剣心の手の動き通りに膨らみは形を変えていった。



時折、親指とひとさし指が先端を摘まみ刺激を与える。



かと思えば、舌で再び転がされる。



その度に薫は声を上げそうになりながら、すんでのところで息を飲んだ。



「薫殿…我慢しないで」



剣心は、薫の顔を見ずに言う。



「剣心…私…恥ずかしい…」



蚊の鳴くような声で、薫は剣心に助けを求めた。自分の声がいつもと違うことを、一番驚いたのは薫自身だ。



「薫殿…」



剣心は薫の顔を見つめ、優しく髪を撫でた。



「恥ずかしいことなどない。むしろ拙者は嬉しいでござるよ。薫殿の全てを知ることが出来て」



もっと…声を出して…



剣心は薫の耳元で囁いた。



「全てを拙者に見せて…薫殿…」



剣心はそう言うと、再び唇を体に這わせた。



 



 



 



薫は戸惑っていた。



自分の体の変化に、である。



口付けされただけなのに、体の奥底から沸き起こる甘い痺れは何なのだろう。



今までに経験したことのない感覚に、恐れさえ感じる。



剣心は『全てを見せてほしい』と言う。だが、自分の全てとは何だろう。剣心に対しては今まで包み隠さず自分を見せてきたはずだ。嘘などついたこともない。これ以上、自分に何をしろ、と剣心は言うのだろう。そして、今までに感じたことのない甘い痺れと、何か関係があるのだろうか。



剣心の愛撫は更に続いている。



舌は尖った乳房を絡め、転がし、指で摘まむ。



「あ…」



まただ、と薫は思った。また、声を出してしまった。自分の理性とは裏腹な、どうしようもないほど切ない声が、刺激を与えられる度に出てしまう。そして、



声を出すたびに、剣心の愛撫は更に激しくなるような気がした。



剣心は一度体を離し、夜着を脱いだ。厚い胸板が目の前に現れる。それと同時に、体に残る無数の傷跡も…。行灯の薄暗い光の中に浮き出された傷を見て、薫はいいようのない悲しみに襲われた。



この人は、こんなにも、戦ってきたのだ。



そして、体だけでなく、心も傷ついているのだ。



自然と薫の指が、傷をなぞった。



「薫殿…」



「…痛い?」



「いや、大丈夫。昔の傷だから」



「心も…痛む?」



剣心は少し驚いたように薫を見た。瞳にはうっすらと涙が浮かんでいる。



「戦って…来たんだね」



「そうで、ござるな」



「戦って戦って、敵とも、自分の心とも…」



「これからも、でござるよ。拙者の戦いはまだ完遂していない」



そうだね、と薫は頷いた。



「でも、これからは、一人じゃない。私がそばにいることを、決して忘れないで。一人で全てを負うなんて、しないでね」



伸ばされた指が剣心の頬を撫でた。



「薫…」



その手を握り締め、掌に口付けたあと、剣心は薫の体を強く抱きしめた。



「薫…薫…」



何度か名前を呼び、静かに優しく薫の夜着を脱がせていく。



はみかむ薫の頬を撫で、一糸纏わぬ姿を上から見下ろす。



「綺麗だ…」



薄闇に、二人の裸体が重なり合った。



 


拍手[28回]

PR